image1.JPG
9/6発売の週刊文春に取り上げて頂きました。

二人で取材を受けるのは久しぶり。

今月で13周年。一つの節目を迎えます。

つまらない出来事から、今まで築いてきた色々な事を否定されてしまったような気持ちになり、言葉も少なくなり、ブログもツイッターもお休み・・・

それでも勝亦はいつも通りに過ごしながら、あえて何も言わず・・・。

戸沢とは久々に二人でお酒を飲み話をする機会があり、そんな私に多くの言葉ではないけれど、今までの感謝の気持ちを語ってくれました。

なんとなく過ごしてきてしまったのではないかと思っていた時間は、そんな軽いものではなく深く大きな絆がここにはあったんだって思わせてくれました。

長く4人で過ごしてきたフォーシーズンズのヤンチャな若手は、気がつけば頼りになる勝亦の右手に成長していたんだな・・。

昨日大槻さんのお墓参りにいってきました。

なぜだか涙がいっぱ溢れた。

『頑張らなくちゃ』

そう!私らしくいつも元気に!