【酒類を提供を行う飲食店、朝5時〜夜10時までの営業】

 

【協力金20万円】

 

なんて事だ!!

 

【バー】という括りの中で特に私達の世界は夜10時からが稼ぎ時である。

 

早くからきて準備をして、18時の開店から稼ぎ時となる時間までは

 

ひたすら『待つ』事も仕事のうち。

 

マスク・消毒、アクリル板、お席も減らし、扉を開け、店内はサーキュレーター数か所。

 

お客様との距離をしかりとっての接客。

 

営業していても、お客様にご来店いただけず、お店の営業が成り立たなければ、

 

どんな技術があろうとも、何十年銀座でやってきた歴史のあるお店だろうと、

 

たとえガイドラインを守り、感染もせず、やる気があってもお店は消滅していくでしょう。

 

約2か月の自粛期間が明け、再開したからには経営が成り立つだけの営業をしなければなりません。

 

最低ラインを保つための営業スタイルの道は残していただきたい。

 

何時も上を上を目指してきたけれど、今目指すは悲しいかな最低ラインの確保。

 

私達も感染しないように気を付けて、生き残りをかけて必死なのだー!!!

 

いつかやってくれ!

 

【GO TO BAR キャンペーン】

 

こんな中でもご来店下さるお客様に感謝いたします(^^ゞ