200903051500000.jpg
生まれて初めてクラッシックを見て聞いてきました。

最近舞台づいていた私ですが、今回は一流クラッシックを聞いてまいりました。
多分私の事を良くご存知の方(特に学生時代の友人は)
『ふっ・ふじやがくらっしっくぅ〜???』

と思われるでしょうが…

何事も会うべきして会っている!人も音楽も仕事も!
人生の中で沢山の素敵な人と出会い、幸せな仕事に恵まれてきました。

音楽といえば、中学生の頃から現在にいたるまで、長渕剛の大ファンの私は20年も行き続けているライブ、北海道から桜島(鹿児島)のオールナイトライブに行ったりしたのが、違った意味の私の音楽でした。(音楽って幅広いですからね)

熱いライブもいいですが、今回はクラッシック!

チョッピリ緊張ぎみで、心の準備も整い、サントリーホールへ。

開演前にホワイエでワインをいただき、いい気持ちで座席に向かいました。
演奏が始まると、なんとも言えない心地よさ。

せっかく一流のクラッシックを聞いているのだから、寝てしまっては大変!それも演奏者からまばたきまで見えるような前の席で…

でも魔法にかけられたように睡魔が襲ってきました。
クラッシックを聞くとこんな風になる人多いみたいです。その位心地よいという事です。

しかーし!その睡魔に打ち勝ち、その後はクラッシックを堪能、はじめての世界に魅了されて帰ってきました。

この日はもちろん営業日!お誘いいただいたお客様と快く送り出してくれた、オーナーとスタッフに感謝感謝の1日でした。

こうゆうのって明日の活力になります!
そしてクセになりそう…
200903020109001.jpg
マッスルミュージカル見てきました!

今日はお店はお休みなので、マッスルミュージカルを見に行ってきました。

先日の『ウィキッド』に引き続き舞台づいている私です(^^)v

私達が毎日過ごす、銀座の夜のバーの雰囲気とは対照的な、エネルギッシュなパワーあふれる舞台でした。
なんて表現したらいいんでしょうかね〜。

・床に這いつくばっているのに縄跳びをしたり、それも5人も6人も並んで!

・ピラミッドをしている人全員で縄跳びをしたり

・人の上に人が乗って、その上に逆立ちした人がいてその上を人が飛んでいく…

・車の上を人が回転して飛び越えていったり


なんだかこれだけきいたら私の頭の中がおかしくなっちゃったんじゃないかと思われそうですが、本当にやってるんです!

そしてやっぱり目玉は、

3メートルもある跳び箱を飛び越える!

テレビでは見た事がありますが、目の前で見ると、思わず息をのむって感じです。

舞台で踊る人達は、皆輝いていました。
舞台と客席、向かい合っている相手に、何の言葉も発さず、感動を与えるってすごい事ですよね。

私達は毎日、お客様と向かい合い仕事をさせて頂いてます。それも舞台よりずっとずっと近い距離で。

そしていろんなお話をする機会も与えられています。でも毎日こんなに必死に、こんなに人に感動を与えているかと考えると、まだまだです。

バーは、エネルギッシュな動きや躍動感はないけれど、何か違う空気があります。

毎日舞台を見にいく人は少ないと思いますが、毎日、または日をあけずにバーに足を運ぶ方は沢山いると思います。

1日1日に、涙を流すような感動はなくても

『また行きたいな』

と思っていただけるような場所でありたいと思います。

自分の家や家庭に帰る時に毎日感動!とまではいかないとは思いますが、何かホッとする気持ちになるようなバーでありたいと思います…

でも銀座のバーって、お客様にも微妙な緊張があったりしますよね。
こんな私も飲みに行ってほどよい緊張感を味わう事があります。

結構これが心地よかったりします(^-^)
人生、緊張感って大事だと思います。
最近わたくし少々掛けているような気がしないでもありません・・・
またしても反省・・・



200902211933000.jpg
土曜日ウィキッド見てきました!


早起き(私の中ではかなりの早起き)をして、劇団四季のミュージカル・ウィキッドを見てきました。

先日営業中に舞い込んだ幸運のお誘い!お客様が急に行けなくなったので…というお話しでした。

そうゆうお話、大・大・大歓迎でございます\(^O^)/
たまたま北海道から出張に来ていた村上農場のちかさんと待ち合わせをして行ってきました!

今までライオンキングやキャッツetc
色々見てきましたが、私の中では最高に楽しかったです。ストーリーもさることながら、心に響く歌声、エネルギッシュなダンス、衣装や演出(たしいたわかるわけでもないのですが)なんだか、アッというまに時間が過ぎていきました。舞台を見るたびにおもいますが、人ってすごいことができるんだな〜と思います。

不思議なものでちかさんも何かそんな楽しみがないかなぁと思っていた所!だなんて言っていただき、劇団四季を楽しんだ後は、新橋のビアライゼでおいしいビールをいただき(初めて行きました)。

劇団四季を初めて見たのは、大会の猛練習をしている頃。片道3時間以上の道のりを帯広から旭川に通い、その日は、フラワーアレンジメントの柏山先生の下、カクテルのデコレーションのご指導をいただきに行った時でした。

私が着いたばかりの時に、まさに今回のように、急なお誘いが舞い込み、半強制的に連れていかれたのでした。

毎日モヤモヤしていた心の中が綺麗に洗われてた感じでした。

柏山先生いわく、私は切羽詰まってひどい顔をしていたそうです。アイディアや技術の指導をするより、今は無心になって舞台を見た方が私のためになると判断したらしいです。

誘っていただきながらも『今の私にはそんな時間はないのに』というのが正直なき気持ちでした。
でもお陰様で帯広に帰った私は素敵なアイディアがうかびました。そしてその時のカクテルが全国大会で創作部門で1位を頂きました。

苦しい時迷った時も駆け込み寺のように『フラワーショップ柏山』に飛び込んでいました。

劇団四季の舞台をみるたびに柏山先生を思い出します。