201103231000000.jpg

今回の地震で家の本棚が倒れてナ・ナント2つに折れて、雪崩のように本が落ちてきました。

片づけをしていると懐かしいものが次々と・・・。

その中から私が初めてカクテルを覚えた時のレシピノートが出てきました。

先輩のレシピノートを写させてもらい、500種類くらいのスタンダードカクテルがかかれています。

マティーニ、ギムレット、マルガリータ、サイドカー・・・・。

当時は聞いた事もない、飲んだ事もないものを覚えるのですから大変です。

でもとにかく必死で覚えました。

このレシピノートを見ると初めてこの世界に入った時の事を思い出します。

何も知らない、何もわからない所からのスタートでした。

今このタイミングで又このノートを改めて見直す事ができたのは、

『初心忘るべからず』

という事でしょうか・・・。

棚から落ちてきた古いカクテルブックや、16〜17年前のガゼット(バーテンダー協会の月刊誌)にも見入ってしまいました。

この古いガゼットがまた楽しい!

ほっそりしているスタアバーの岸さん、選手の頃のオーパの大槻さん、超!若い酒向さん・・・。

ちっとも片づけがはかどらない私でした(^^)

1993年4月、私は初めてバーの世界に入りました。

あれから20年、ここからがより楽しい時なのではないかと期待しています(^^♪

 201012082236003.jpg

昨日サントリーさんのウイスキーのイベントに参加してまいりました(^^♪

今年は第2回という事ですが、1年に一度の超ビッグイベントです☆

場所は六本木のグランドハイアット、ウイスキーに関わる各界のお客様約130人をお招きしての豪華なパーティで、私達はウイスキーの水割りやハイボール等をご注文に応じておつくりしました。

ゲストには坂本龍一さんや、米倉涼子さん、F1レーサーの小林可夢偉さんやバレリーナの熊川哲也さんなど豪華な面々、トークショーもあり楽しいパーティでした。

ウイスキーブームと言ってもいいほど、ウイスキーの人気が高まってきた今日この頃ですが、この勢いにのってどんどんウイスキーを広めていきたいという業界です。

でもその昔、ウイスキーブームがあった頃の勢いにはまだまだ及ばず?だそうで、関係者の方はかなり力がはいっているようでした。

ウイスキー1杯にお料理一品が用意されそのマリアージュを楽しむことができ(お客様は・・・ですが)、最後はショコラとウイスキーをお楽しみいただいておりました。

一緒に参加したバーテンダーは、アンセムの浅倉さん、先日祝賀会をした横浜の山田さん、井口さんや田畑さん!なんとここまで日本チャンピオン勢ぞろい!

今年こそはの耳塚さんや、保志ファミリーの堀川さんや小山さん!

ゲストも豪華でしたが、バーテンダーも豪華です(^^♪

皆で特設カウンターでお飲み物をおつくりさせていただいたわけですが、こんなメンバーで一つのカウンターで仕事をする事はなかなかないので貴重な体験でした(^^)v

パーティーのラストは坂本龍一さんのピアノ演奏!本物は人を黙らせる?というか音を体で感じるというか・・・。感動的でした。

運のいい事に私のすぐ目の前でのピアノ演奏☆見入ってしまいました。

終了後は急いで仕事に戻るバーテンダーもおりましたが、私はお休みをいただいていたので、1周年を迎える赤坂の水澤さんのお店『ティアレ』さんへチョッピリ寄らせていただきました。

そういえば昨年ティアレさんの開店の日はフォーシーズンズの皆で歌舞伎を観た後に押し掛けました(^^♪

あれから1年・・・ホントに早いです(^^♪
201011141937000.jpg
今年の6月に全国大会で総合優勝をした横浜の山田さんです!

日曜日に祝賀会がありフォーシーズンズの皆でお祝いに行ってきました。

地元横浜のお客様や先輩後輩、銀座からも沢山の仲間が出席しました。

会場では、テレビでも放送された山田さんが日本一を手にするまでのスペシャル番組が流れ、横浜支部の皆さんがカクテルをつくりお祝いムードにつつまれておりました。

山田さんは空手を習っているそうで、師匠が登場して祝辞の後にナ・ナント、コンクリートのブロックを空手チョップ(ほんとはちゃんと技に名前があるかもしれませんが)で真っ二つ!
テレビでは見た事はありますが、目の前で見るのは初めての私は大興奮(^-^)

さすがにやってみたいとは思いませんが迫力に圧倒されました。

努力家で誠実な山田さん。
日本一になるまでには人には言えないような努力を沢山してきたと思います。

いつも背筋がピーンとしていてキレのある動きは空手をやっているからかもしれませんね。

腰の低い方ですし、先輩の中にいるとバリバリの体育会系なのでいつも感心している私です。

祝賀会には日本一を目指している後輩達も沢山来ておりました。

デモストレーションでライトをあびて舞台で輝く姿を見て

『いつか自分も!』

と熱くなっていた人もいたのでは?

吉本チーフと戸沢の胸の中にもメラメラと燃えるものがあったか?どうか?

来年の世界大会に向けて山田さんの戦いはまだ続きます。

昨年の優勝者の田畑さんは今週シンガポールで開催される世界大会に出場します。

皆さんの活躍が楽しみです。

山田さんとってもかっこ良かったです(^-^)
 201010201845000.jpg
 
これはWhisky Voice (ウイスキーヴォイス)の39号です。

Whisky Voice とはサントリーさんで出している小雑誌です。

ウイスキーにちなんだ話題と、バーテンダー達からの『ウイスキーの声』を集めた雑誌です。

第一号が発行されたのは1999年11月・・・今から11年前です。

ウイスキーの声と言ってもバーテンダーだけではなく、もちろんサントリーさんやブレンダーさんのこだわり、ウイスキーへの愛情が伝わる雑誌dす

あこがれのバーテンダーや雑誌でしか見た事のない方たちの話題や声が乗っていて、

『わ〜すご〜い!OOさんだ〜☆☆☆』

などと感激していたものでした。

今回届いたWhisky Voice を久々にじっくり目を通してみたらなんと私の仲良しバーテンダー!松本のメインバー・コートの林さんが登場していました。

201010201846000.jpg

似ているようなチョット若々しく描かれているような??

ページをめくると大坂、北新地のバーKの松葉さんやベッソの佐藤章喜さんが登場!

この似顔絵もまた良よく似ている(笑)

みんなステキなバーテンダーばかり!!嬉しくなっちゃいます(^^♪

成田一徹さん(切り絵の名人)の、バーテンダーをモデルにした作品や、今回は京都の若手オーナーバーテンダー、ロッキングチェアの坪倉さんの話題も載っていました。

京都に行きたくなるようなステキなお話しでした。

ハイボールが人気となり、ウイスキーブームと言ってもいい位の今日この頃・・・。

そんなブームとは関係なくウイスキーをのみ続けているお客様や私達バーテンダーもおりますが、長い月日をかけて作られるウイスキーが若い世代の方にも見直されるというのは嬉しい事です。

さてさて今と11年前ではウイスキーに関わる話題も違うのでは?と思いながらその第1号を引っ張り出して読み直してみました。

今は閉店してしまった名店、銀座の 『クール』 の古川太郎さんのインタビュー、福西英三さんのウイスキートーク、サントリー名ブレンダー輿水さんのお話し、そして勝亦が8年間お世話になった 『バー・オーパ』さんの記事が載っていました。

古川さんにはお会いした事がないのですが、お客様としてご来店いただいたり、お酒の世界では大先輩のご縁のある方の話題はとても身近に感じて嬉しいものです。

第1号が発行されたのは戸沢がまだ高校生の頃?でしょうか・・・。

1999年11月・・・ちょうどそのころ私はビーフィーターの世界大会に出場させていただいた頃です。

皆さまも間違いなく今より11歳はお若いはずです(^^♪

今日はウイスキーを飲みながら11年前の話に花を咲かせてみませんか・・・。
201010312145000.jpg

この花束は先日バーテンダー協会の全国の集まりの中で山崎さんが『ミスターバーテンダー』を受賞した時のお花です☆ 

ミスターバーテンダーとは、バーテンダー 協会の中での功績とその他色々な基準の元に選ばれた人だけがいただける賞であります。

1952年から50年以上の間に今回が26人目の表彰となります。

ブログを書き始めた頃、、ススキノにある、『BARやまざき』さんのお店の50周年のパーティーに出席した事をご紹介させていただきました。

あれからもうすぐ2年、山崎さんは現在90歳の現役バーテンダーです!(^^)!

お人柄も素晴らしい方ですし、沢山の立派なお弟子さんもご活躍しております。。

山崎さんが今までの人生を語った本を2冊読んだ事がありますが、人生の大先輩の足跡はとても勉強になりました。

そして全国から協会の役員が集まる中で表彰を受けた山崎さん、そのご挨拶も素晴らしく胸が熱くなりました。

なんとこのミスターバーテンダーを1952年の第1回に受賞した浜田さん第2回の本多さん第3回の朝倉さんは山崎さんの師匠だそうです。

師匠と同じ大きな賞を受賞できた事をとても喜んでおられました。すごい事だと思います。

きっとその3人の師匠も天国で祝福して下さっている事でしょうね。

その表彰式で私がお手伝いをさせていただきました。

山崎さんへの花束贈呈です(^^♪

いつもの私なら『どなたか違う方にお願いして下さい・・・』と言う所ですが、山崎さんのお祝いとなるとそんな嬉しい事はありません!!

関東本部長の酒向さんからお話しをいただき、張り切ってお手伝いさせていただきました。

花束贈呈の時にも山崎さんとお話しができそれはそれは嬉しかったです。

その後バーテンダーの大会もあり、山崎さんはホテルに連泊され、札幌までお帰りになるのでその時のお花をその後私にプレゼントして下さいました!

写真のお花は山崎さんからいただいたお花です。

とっても嬉しい贈り物・・・・自慢の花束です(^^ゞ

 

image.jpg

本日 『ロン サカパ』というラムのセミナーが帝国ホテルであり、戸沢と吉本チーフが出席しました。

吉本チーフはお手伝いだったようですが、セミナーといってもかなりゴージャスなセミナーだったようです☆

ラムの世界にはわずか3人しかいないという女性マスターブレンダーが来日。スペイン語のセミナーはイヤホンをつけての同時通訳で行われたそうです。

なんだか『国際会議みたい!』と盛り上がっていた私でした。

ロン サカパとはグアテマラでつくられているラムです。ボトルには『ペタテ』と呼ばれる手編みの飾りが巻かれているのでバックバーでも目をひくボトルです。

ラムの原料はサトウキビ。砂糖を作った後の糖蜜を原料に作る事が多いのですが、このラムは砂糖を作る前の一番搾りの汁を使用するため甘味も濃厚です。

セミナーではラムの試飲の他、この糖蜜も試飲できその差は格別だったとか!

熟成に使われる樽は、アメリカンウイスキーやシェリーの樽がつかわれます。中に樽の内側を焦がしたものも使います。

発酵、蒸留を終えたロン サカパはグアテマラの高原へと運ばれます。そして海抜2,300メートルにある『雲の上の家』と呼ばれる場所で熟成されます。

なぜ高地で熟成させるかというと、山の冷涼な空気の中では蒸発するお酒の量が減り、酸素が少ないのでゆっくりと熟成されるからだそうです。

23年ものの1本のボトルには6年〜23年熟成のラムがブレンドされています。

ロックでお飲みになる方が一番多いです。上品な香りと、とろけるような甘味と余韻がありゆっくりと夏の夜を楽しみたい時にはオススメの1杯です。

ラムはお菓子や料理にもつかわれる事が多いので女性にもなじみのあるスピリッツですよね。

日本酒以外のお酒は、ジンとかウォッカ、テキーラなどと呼ばれますが、なぜラムはラム酒(ラムしゅ)と呼ばれる事があるのでしょう・・・私の素朴な疑問・・・。

ロン サカパについてもっとくわしく知りたい方はセミナーに出席した戸沢にお尋ねください(^^ゞ

 201003242238001.jpg

立派な木箱に入った『極上金カステラ』が届きました(^^ゞ

と言ってもこれは吉本チーフに届いたものです。

先日横浜にある仲間のバーが10周年を迎えました。フォーシーズンズにもご案内をいただいたので私はさっそく『おめでとう』のお便りをしました。

すると2日後にはお返事が届きました。
10周年という事で何かと忙しい中、1日と開けずにお返事を書いて下さったのだと思います。

吉本と一緒の今回の全国大会に出場する選手でもあり、2件のお店のオーナーである素晴らしいバーテンダーYさんです(^^)v

吉本とは年も近い事もあり仲良くさせていただいているようで、今回はお祝いに『シャンパン』をおくったようです。そのお礼に・・・と届いたカステラです(^^♪

『極上金カステラ』とは横浜文明堂さんのもので、厳選された原料を使用しごく少数の選ばれた職人にしか焼く事ができないそうです。

そう聞くとますます食べたくなりますよね(^^♪

木箱を開けて、中の紙の箱を開けて、上に敷いてある紙をとったら

201003242249001.jpg

立派なカステラがでてきました!!

吉本チーフが

『よかったら食べて下さい』

と言ってくれたのでさっそく私がカットをしてまずは一口!そりゃ〜美味しいに決まってます(^^)v

ここで忘れてhいけません!お祝いを贈ったには吉本です。私は手紙を書いただけで・・・。でもめでたい事はみんなでお祝い!!

お祝いをしたりされたり・・・・。

開店だったり周年だったり大会だったり・・・・バーテンダーは何かとめでたい職業だな〜と思う事があります。

お祝いをしてもらえるという事は幸せな事です。10周年を迎えた横浜のバーテンダーYさんはそんな中あでもホントに素敵なバーテンダーです。

先輩には礼儀が正しいし後輩には慕われているし接客も技術も素晴らしいです。ここ数年は全国大会でも活躍しており今年は優勝候補の中の一人です。

吉本もきっといい刺激を頂いていると思います。そんな仲間に恵まれている事が何より幸せな事だと思います。

10周年!勢いに乗ってるバーテンダー!

もうすぐ5周年(まだ半年ありますが・・・)ここにも勢いに乗ってるバーテンダーが一人!
ネッ!チーフ☆

『金カステラ』で『金メダル』といきたい所です!(^^)! 

カステラはやっぱり牛乳?
 200912071644000.jpg

赤坂に 『バー・ティアレ』 がオープンしました。

門前仲町のバー・オーパさんの店長だったの水澤さんが独立して開店したお店です。

水澤さんは、勝亦の1年後、2004年の全国バーテンダー技能競技大で総合優勝したバーテンダーです。

今ではNBA(日本バーテンダー協会)でも中核の存在で忙しい毎日を送っているようです。

お店を開店するのはすごいエネルギーが必要ですし、今まで築いてきた事の集大成でもありますから大変な思いがあったと思います。

レセプションでは門前仲町のオーパさんのスタッフが総出でお手伝いをされておりました。見慣れた顔ぶれで私としては安心感がありましたが、これからは新しいスタッフと新しい雰囲気を築いていくのでしょうね。楽しみです(^^♪

店内は少し明るめの照明でお花がいっぱい!!店内の雰囲気をご紹介したい所ですがとにかくお花でいっぱいで・・・。また落ち着いたらゆっくりおじゃましたいと思います。

レセプション初日はフォーシーズンズからは戸沢がお勉強のためお手伝いをさせていただきました。

知り合いのお店が開店する時は出張バーテンダー?のごとく出没する戸沢であります。
オープニングというのはとても勉強になるのでお声をかけていただくのは本当にありがたい事なんです。

私もいままでに何度かお手伝いに行った事があるお店がありますが、今でも特別な思いがあります。

初めて開店のお手伝いをさせていただいたのは札幌の 『BAR・ガス燈』 さんでした。いまから13年くらい前の事です・・・。札幌の名店・バー山崎のチーフバーテンダーを勤め上げた小野寺さんが開店したお店は連日沢山のお客様にご来店いただき驚きの連続でした。

そんな体験は自分がお店を持つ時にとても役に立ちました。

フォーシーズンズの開店の時も仲間のバーテンダーが連日お手伝いに来てくれました。本当に助かりました。吉本はまだ前の職場におりましたので、出勤前と退社後にフォーシーズンズに駆けつける毎日・・・・(すごい体力です)

開店時に大変な思いの中、仲間に助けていただいた思いはこれからのバーテンダー人生の中でお返しできたら・・・と思います。猫の手も借りたい?開店の時に少しでも仲間のお役に立てたらという思いです。

戸沢はしっかりお役にたてたのでしょうか・・・・。
 本日、銀座支部技術研究部主催による、福西英三さんのセミナーに出席しました。

福西先生は私達の業界では知らない人はいない有名なお方です。
お酒やカクテルにまつわる本も沢山出されています。

銀座支部の技術研究部はとても熱心でいつも色んなセミナーを行っています(吉本チーフも研究部です)
カクテルのセミナーの他、チーズやジャズ♪、英会話などお酒の事だけでなくバーテンダーが必要とされる沢山の事を課題にして勉強しています。

福西先生のセミナーは

『人類は環境の中に生きる動物である』

というお話からはじまりました。

環境とは地球であり世界でありそしていまここであり・・・。
色々な環境の中でお酒やカクテルが生まれてきたでしょうし環境(時代背景や国)によって作られるものや好まれるものもそれぞれです。

自分の事に置き換えてみても住む所や働く所・・・場所だけでなく環境とは家族や仲間や出会う人でも変わってくるものでもあり、たしかに環境の中に生きてる!

そして環境って大事だと思いました。

一時間半ほどのセミナーは、紀元前の蒸留機は香水をつくるための物であった事、現在販売されている香水 ロー・ド・イッセイのお話。

人間の五感の嗅覚・味覚は脳の同じ所に記憶される事やミントジュレップとモヒートの歴史など・・・。

時間はあっという間でしたがみんな真剣に福西先生の話きいておりました。

来年80歳を迎えるそうですが聞いてビックリ!10歳以上お若くみえます。
もうセミナーなどはお受けしていないそうですが、今回は貴重なお話を聞かせていただき感謝です。

『あと30歳若かったらもっとやりたい事があるのですが・・・』

などとおっしゃっていました。30代40代・・・50代まだまだこれからですね!(^^)!

来年も又ぜひ講師を!との声に福西先生は首を横に振ってましたが、会場は拍手でいっぱい!!

この続きのお話がまた聞けるのを楽しみにしています(^^♪

そうそう、セミナーの会場では席を詰めて座るので、私の隣はスタアバーの山崎さん!
イケメンにはフォーシーズンズで慣れているつもりでしたが『超イケメン』の隣でますます楽しいセミナーでした☆☆

 200910151647001.jpg

ペルーの蒸留酒『ピスコ』の試飲会に行ってきました。

場所は渋谷にあるペルー大使館!大使館だなんて普段は足を踏み入れる事がないのでちょっとドキドキ☆

平日の午後にもかかわらず、銀座のバーテンダーも沢山出席していました。

ピスコとはペルーの国民のお酒で、100%ブドウを原料に作られる無色・透明・アルコール40度前後の蒸留酒です。

試飲なのでまずはそのまま・・・使用ブドウの品種の違いやブドウの発酵段階の違いで種類の違うピスコを味わいました。

その後ピスコを使ったカクテルをいただきました。
ペルーでも大人気のピスコサワーは、会場でも一番人気でした!

ペルーでは毎年2月の第一土曜日が 『ピスコサワーの日』 となっているそうです。
試飲会の後は仕事なので控えめに・・・と思っていたのですが、皆ついつい・・・

『お勉強ですから!!』

ピスコはケチュア(Quechua)語で「鳥」を意味するそうです。

ビスコ

『ビスコじゃないですよ!ピスコですよ!』  と吉本チーフに送り出された私でした(^^♪

和やかな試飲会も終わり私達は銀座へ・・・

お腹がすいたな〜と思っていたところスタアバーの岸さんが

『みんなで食事をしよう』 と誘ってくださいました!

『えー!岸さんと食事ができるなんて大感激☆』 と試飲会でほんの少し?飲んだお酒は食前酒となり、皆で食事に行きました。

とは言っても銀座に着くと夕方・・・スタアバーさんとハイファイブの爽やかなスタッフの皆さんはお店の準備へ・・・。それにしてもホントに爽やか!さすがです(^^ゞ

私はチャッカリ、岸さんと上野さんとご一緒させていただき、先輩の話に聴き惚れながら楽しい食事タイムとなりました。こんな経験めったにできないものー!!

どのくらい楽しかったかとういと

200910151747000.jpg

ん〜こんな感じです!みなさん御存じかと思いますがこちらがスタアバーの岸さんです!

優しい笑顔もカンロクも・・・トークもほんとに最高に素敵な先輩です!だって私のシャッターチャンス?にこんな風に答えて下さるんですよー!

なかなかゆっくりお話する機会はありませんが、昨日はピスコの勉強と岸さんと上野さんとの貴重な時間を過ごせてとっても充実した一日でした。

お店の営業も、先日結婚した方・近々結婚される方などなど・・・幸せイオンでいっぱいのフォーシーズンズでありました(^^)v